初音ミク Project DIVA F 2nd


先日友人の家に遊びに行ったときに布教しようと、初音ミク Project DIVA (PS Vita) と Project Mirai 2 (3DS) を持っていきました。

本来の目的はOculus RIft DK2 を実際に体験してもらおうと Unity 上でミクや艦これのキャラクターを踊らせてそれを眺める簡単なデモを見せにいったのですが。いや~思いの外はまってくれました。

image

こんなのや、

image

こんなのを。 実演としてその場で友人の好きな艦娘を取り込んで踊らせてみせたりしてました。

おかげで艦これに結構詳しくなりましたw。

あ、話しがそれましたが・・・ Project DIVA F 2nd です。これはもう半年前ですね発売日には買って3日ほどで Extreme を全てクリアしてそれ以降やるのを止めていました。昔からやっている人の中には同じようにまぁ「失望」して投げてしまった人が多かったのでは無いかと思います。

理由はいくらかありますが、一番のクソポイントは今回のある売りの一つである「リンク」です。あの流れのテンポ無視は音ゲーとしてはマジで消えろって思いましたね。本当に初見殺しでしたね。まぁそれでも初見でクリア出来なかったのは Extreme の「激唱」と「二次元ドリームフィーバー」の二曲だけでしたが、それでも初見殺しのせいでかなり Standard になったのがムカつきましたね。

やばい、ついつい今までのうっぷんを書き殴ってしまった。まぁ千の言葉を綴っても言い足りませんが・・・

さて、こんなことを書きたかったのではなく、Project DIVA 2nd の約半分の新曲と PV を作った方々には罪は無いなと。というかゲームあまりに酷かったせいで全然やりこまなかったのでしっかり PV 見てなかったんですよね。 で友人宅で PV 見てたら・・・また再燃してきました。正確には PV は全部録画しておきたいなと思うようになったというところですが。

「これからの DIVA」とか謳っているなら、昔の曲もどうせなら PV もリニューアルして欲しかった(まぁそのままで良いのもいくつかありますが)。とりあえずあの素人の振り付けは見てるだけで駄目ですね。

とにかく新曲のPV はいいですね~レベルが違いすぎます。本当は凄いところ全部書きたいところですが面倒です。買ってみてみてください。

image

「アカツキアライヴァル」

image

「指切り」

DOF まで使うようになるとは。

image

「壊セ壊セ」

セットが凄すぎ。カメラワークも凄すぎ。

やば、DIVA の話しばっかりになっちゃった。

さて、最後に何が言いたかったかというと、Project mirai 2 が素晴らしすぎたということです。 東京ゲームショウで Project mirai の次回作もやってみましたがゲーム性は崩さずというか単純に拡張かなと言う感じでしたね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)