デジタルカメラで360°パノラマ撮影(1)


HDR

HDR というのをご存じでしょうか? High Dynamic Range Imaging の略称ですが、一言で表すと通常より暗いところも明るいところもカバーしている画像形式です(詳細は Wikipedia で)。

最近のカメラならこの HDR 機能持っているのが多いんですよね。ただカメラ内蔵なものは最終的に JPEG にするだけなのでぶっちゃけお遊び程度にしか使えませんが。Cannon で Digital Photo Professional を使えば RAW イメージからより厳密に HDR イメージを作成できます。

[Digital Photo Professional] HDR ツール起動

image

これも JPEG か TIFF 形式での保存になります。

ここまで書いて、全然パノラマの話じゃないじゃんってことになっていますが・・・。

まぁ、一眼やよくあるデジタルフォトツールでは HDR 形式で出力することができません。(一般的に必要の無い人には全くいらない形式ですので)

IBL (Imaged Based Lighting)

私がパノラマを始めたきっかけはこの IBL にあります。IBL についてはこことかを見るとよくわかると思います。この IBL で使用できる画像形式が HDR になります。最近では OpenEXR (拡張子: exr)が使われることが多くなった気がします。HDR 形式で出力したけどアプリケーションがエラーで読めない場合があっても exr なら大抵問題なく読み込めます。

IBL はいろいろな 3D アプリケーションで利用可能です。私が使用してるアプリケーションを上げてみると、

  • Unity
  • DAZ Studio for Octane Render
  • Octane Render Standalone
  • iClone PRO(.hdr のみ)

で使用できます。(iClone 以外は .exr の利用が可能です)

ちょっと使用例を載せてみます。

  • Unity + Skyshop
    UnityIBL01
    以前 Skyshop を買ったときに試した HDR 画像。
    UnityIBL02
    Skyshop 付属の HDR 画像。
    ミクさんのマテリアルは肌以外 Skyshop のシェーダーを使用しています。
  • DAZ Studio for Octane Render
    DAZOctane
    背景は自作の HDR 画像です。
  • Octane Render Standalone
    OctaneRenderSA

続く

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)