[Unity] Oculus Rift 男の浪漫機能試してみた


以前、友人の家に Oculus Rift を見せに行ったときにデモを作っていったのですが、1時間くらいで作ったデモだったので、ただモデルが踊っているの眺めるだけでした。後で通常のデスクトップ版の実行ファイルをあげたときに「是非しゃがみモードが欲しい!」と言われて・・・。

ん~確かに必須機能だよな・・・。ってことで通常のデスクトップ版に追加していました。 しばらくモンハン4Gのせいで?時間が無くなったので Unity かまってませんでしたが、Oculus Rift 版にも「しゃがみモード」追加してみました。

image

ん~きわどい。モデルは Kokone さんです。

image

ついでに IK でさくっと使えるヘッドトラッキング?カメラ注視モードも追加。

やはり、見られていると感覚が違いますね。単純(角度制限無し)にやったので Kokone さん首が痛そうです。

image

さらについでに New Sample Assets に追加された Light Shaft を使ってみました。

SkyBoxが AllSky の月明かりなのでそれっぽくしてみました。

image

あれ?片目しかでない?

image

Inspector 覗くと、良かった適用するカメラ可変で追加できました。

image

うむ。 良いですねこのエフェクト。

ちょっと強度強いですが。なんか「ツキアカリのミチシルベ」を聞きたくなりました。もしくは「銀」のエピソード「銀色の夜、心は水面に揺れることなく…」を観たくなりました。

image

モデルに合わせて光が遮られるので観てて良いです。 ステージには必須の効果ですね。

やはり、Oculus Rift は楽しいですね。 色々作ってみたくなって、結局計画倒れになっていますが・・・

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)