Unity 5.0 Pre-order Beta 試してみました


やっと新しくきたデスクトップ PC のセットアップが概ね完了になってきたので、Unity のライセンスをアップグレードして Unity 5.0 Beta を使ってみました。 そういえば Unity 4.6 もまだ Beta ですが 5.0 の正式版はいったいいつ出るんでしょうね。

まず、普通にインストールして起動してみると?

image

おお!やっと普通のアプリケーションみたく Home 画面が出るようになりました。

毎回前回使用したプロジェクトが開くの嫌だったんですよね~

で、新規プロジェクトを選んでみると、

image

テンプレートから作成できる画面にが出て、[Add asset packages] を選ぶと、

image

パッケージを選択できる画面が出ます。(なんで2行分使ってるんだろう?ちょっと選びづらい)

image

ちなみに前のように起動すると同時に前回しようしたプロジェクトをオープンするなら [Preference] の [Load Previous Project on Startup] で切り替えられるようです。

image

さて、メイン画面です。まず目に付くのが Scene 画面。そうあの「ユニティブルー」でなくなっています。

image

まぁ、デフォルトで Skybox が設定されるようになったためですが。

image

まずは Layout をいつもの位置に設定して Layout 登録!

さて、何やろうと思いましたが、やはり Standard Shader(物理ベースシェーダー)とGI(グローバルイルミネーション)ですね。

  1. Poser 2014 Game Dev から M1A1を FBX でエクスポート
  2. 適当に配置(球とか地面とか Static に)
  3. AllSky の曇り空を Skybox に設定
  4. 球の Material で Emit を有効
  5. Directional Light の Bounse Intensity を 4 くらい設定
  6. Light Probe Group を追加して適当に Probe を追加、配置

image

ん~、なるほど。

Reflection Probe とか Skyshop で出来てた機能が標準装備になってますね~。これはいい!

最後に Oculus Rift は使えるのか?ってことで試してみました。

image

なんだ、使えるじゃないか。Oculus Rift のフォーラムでなんか SDK 0.4.3 では not supported って行ってた気がするけど問題なさそう。これなら Unity 4.6 のベータは削除してもいいかも。

image

ついでに、ユニティちゃんも見てみました。

ん~可愛い~

次は今までに買った Asset たちを入れていろいろ試してみますかね。いや、その前にミクさんを召喚してみますか。で Windows Store App にして出力してみますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)