DAZ Studio Genesis 8 Eyes Surfaces


DAZ Studio Genesis 8 の 眼球(Eyes)の Surface に関して、Surface名をいつも忘れそうになるので、ちゃんとまとめてみました。

Cornea(角膜)に写り込む背景

眼球の構成 Surfaces

  • Cornea(角膜)
  • EyeMoisture(眼球上の水分?)
  • Eyelashes/EyeMoisture(涙?)
    Eyelashes(まつ毛と同じく別メッシュになっています)
  • EyeSocket(眼窩?主に内眼角・目頭かな?)
  • Irises(虹彩)
  • Pupils(瞳孔)
  • Sclera(強膜)
全ての Surfaces を ON

わかりやすく、 Pupils(瞳孔)を赤くしています。

別角度で 全ての Surfaces を ON
別角度で 全ての Surfaces を ON

角膜部分が膨らんでいるのがわかります。

Sclera(強膜)を OFF

EyeSocket は大部分埋まっていて、目頭の部分だけ飛び出ています。

分かりづらいけど、 Cornea(角膜)を OFF

Cornea (角膜)が無くなると、虹彩等の反射が無くなります。どんなに頑張ってもキャッチライト が入りません。

続けて、EyeSocket, Irises(虹彩)を OFF
Pupils, EyeMoisture, Eyelashes/EyeMoisture のみ ON

このように、EyeMoisture には Cornea 用の穴が開いているため、Cornea の Surface をちゃんと適用しないと、下の様に死んだ魚の目になります。

Cornea を OFF
生気が感じられます

以上、備忘録でした。

Figure は Kanade 8 で、レンダリングは Octane Render for DAZ Studio です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。